Standard
ECMA-372
C++/CLI 言語仕様書
西暦2005年12月 初版
ナビゲーション リンクのスキップ

23.混合型

 この章は将来の利用可能であるよう予約されています。
 混合型(mixed type)とは、宣言ないし継承のどちらかによって、CLI ヒープとネイティブ・ヒープの双方に領域確保するオブジェクトのメンバを必要とするref (委託)クラス、ネイティブ・クラス、ないしはネイティブ配列です。

 混合型の例は:
  • 単純でない値型やrefクラス型、または、インターフェイス・クラス型をメンバに含むネイティブ・クラス
  • 基本型以外の値型や、ref クラスを要素とするネイティブ配列
  • ネイティブ・クラスやネイティブ配列をメンバに含んだ ref クラスや値クラス

 混合型を宣言、定義するプログラムは不正です。

文責:翻訳 => ヽ(゚∀。)ノうぇね