Standard
ECMA-372
C++/CLI 言語仕様書
西暦2005年12月 初版
ナビゲーション リンクのスキップ

追記 G. 可搬性の課題

 この追記は説明文です。

 この追記にはこの標準中に現れる可搬性についてのいくつかの情報を集めています。

G.1 未定義の振る舞い

 この標準を発行する委員会はなんの新たな未定義時の振る舞いを提案する予定はありません。

G.2 実装定義の振る舞い

 仕様に準拠した実装はこの節にリストした領域のそれぞれの振る舞いについて、その振る舞いの選択を明文化することが勧告されます。 以下は実装定義です。
  1. 素の char, signed char, unsigned char を除いた、CLI 型との基本的なマッピング(§12.1.1
  2. もし、定義済みマクロ __cplusplus_cli が #define または #undef の対象である場合の、プリ・プロセス時の命令(§11.1

G.3 仕様化されていない振る舞い

 次のような状況での振る舞いは仕様規定されていません。
  1. __identifier コンストラクタの置き換えが変換フェイズの前に起きるのか、後に起きるのか(§9.1.1
  2. シンボル # が指定される位置に置いて、コメント、ドキュメント化コメント、マクロ呼び出しによって生成される空白を許すかどうか(§9.1.2
  3. この標準に記述されている(§29.2)以外の任意の属性ターゲット指定子の意味
  4. (この標準のどこかで記述されている勧告以外の)CLI ライブラリと標準C、標準C++ライブラリとの相互関連(§32

説明文終了

文責:翻訳 => ヽ(゚∀。)ノうぇね